どんな人が向いているの?

管理栄養士の適正を考えると、食への関心は当然ですが、それ以外にどんな能力が 求められ、どんな人に向いているのでしょうか。

管理栄養士は、栄養士以上に、職場の多様性があります。 管理栄養士の職場は、病院、介護保険施設、老人福祉施設、市町村役場、食品メーカー、 委託給食会社などが多いのですが、中には、フィットネス倶楽部で食事指導を行ったり、 学校給食の場で働く管理栄養士もいます。

このように、様々な食の現場で活躍する栄養管理士の適正として求められるものは、 「食べること」「料理すること」だけでなく、食に関連する法律や歴史、健康、嗜好品、習慣、文化など、 「食」への強い関心です。もちろん、栄養士や調理師と一緒に調理場の作業を行う場合もあるので、「料理を作ることに興味がある」ことは大切です。

また、管理栄養士の仕事の大きなものは「栄養指導」。 栄養指導は、医療の場でも、介護の場でも、保健指導の場でも行われますが、 大切なことは、「コミュニケーション能力」です。 そして、「人と接することが好きな人」ということも大切な適正です。

さらに、接するのは利用してくれる方々だけではありません。 病院でも、介護保険施設でも、委託給食施設でも、同じ職場の人との協力が不可欠。 時には、栄養士や調理師を指導したり、医師や看護士、ケアマネージャーなどに提案したりすることも、 必要になります。

つまり、指導力だけでなく、人の話に耳を傾けることができ、建設的な意見を出せる柔軟性も大切なのです。 管理栄養士はチームで1つのことをするのが得意な人に向いているといえそうです。

このページのトップへ