模擬試験

管理栄養士国家試験は、200題の問題を約5時間で解くと言う長丁場の試験。 解答時間に対して、問題数も多いため、1問あたりの時間も1分30秒程度しかありません。 長丁場の上、解答スピードも要求される試験です。

国家試験ということで、独特の雰囲気もあり、試験慣れしておくに越したことはありませんよね。 管理栄養士国家試験の模擬試験を行っている資格試験予備校は、いくつかあり、 上手に組み合わせて受けることで、勉強のペースメーカーにもなるでしょう。

インターメディカル
インターメディカルの管理栄養士国家試験対策模擬試験は「かんもし」と呼ばれ、 年に2回、10月〜11月頃と2月頃に実施されます。 秋の第1回目は自宅受験しかありませんが、冬の第2回目は東京会場と大阪会場があります。 管理栄養士国家試験の傾向を徹底分析した予想問題が特徴で、 1回目と2回目を両方受験すると、データ・資料・法律をコンパクトにまとめた 「ちょいと便利な資料集 CHOI-BEN」というものをもらうこともできます。(2009年時)
模擬試験の受験料は単発受験6000円、両方受験10500円

東京アカデミー
東京アカデミーの『全国公開模擬試験』の特徴は、全国にある東京アカデミーの校舎で受けられること。 東京や大阪など大都市近郊の方は、全国模試の会場受験も、手軽に考えることができますが、 地方の会場がない場合、地方に住んでいる方にとっては、悩みの種ですね。 東京アカデミーの全国公開模擬試験は、全国にある東京アカデミーで受けることができますから、 地方の方でも、手軽に会場受験ができるのがうれしいメリットです。
公開模試は12月に行われる1回だけで、受験料は自宅受験6000円、会場受験5000円

日本医歯薬研修協会
日本医歯薬研修協会の全国統一模擬試験は、何と言っても、回数の多さが魅力。 年4回、5〜8月・9月・11月・翌年1月に行われ、会場は東京・大阪・名古屋・自宅の4つから選べます。 科目別得点率、問題別正誤把握など、模試の結果も1週間程度で返ってくるので、 自分の弱点補強に役立つとともに、忘れないうちの復習にも役立ちます。
受験料は1回6000円、2回まとめると10000円、3回まとめると13000円、4回全部で16000円

RDC管理栄養士センター
RDC管理栄養士センターの模擬試験は、年3回、6月、11月、1月に行われます。 模擬試験終了後、詳細な解説書をもらうことができ、弱点克服に、役立ちます。 2回以上受験すると、キーワード集がもらえる特典付き。 このキーワード集、案外役に立つと評判なんです。
受験料は自宅受験1回5320円、2回で9640円〈特典付)、3回で12460円(特典付)。 会場受験1回4800円、2回8600円〈特典付)、3回で10900円(特典付)

このページのトップへ