食品メーカー

食品メーカーで、新製品の開発に携わる管理栄養士もいます。 食品メーカーで商品開発を担当する管理栄養士は商品が市場に流れるまでの間、 工場の現場や企画、営業、デザインなどの様々な部署の人達と協力しながら、 幅広い仕事をこなしています。

食品メーカーの商品開発は、商品の売上を左右する、 会社にとって最も重要な部門です。
それゆえ、食品メーカーの商品開発を担当する管理栄養士には、 市場でヒットしている食品や料理を調査したり、 様々な食品の展示会などにも足を運ぶなど、常に市場のニーズを探る 能力や努力も求められます

食品偽装事件などが続き、食の安全にも敏感になっている消費者 に対して、産地や原材料の安全性をアピールするなど、時代のニーズに対応 した商品開発も大切です
さらに、おいしさや原料の安全性などの品質ももちろん大切ですが、 企業である以上、コストについても考慮しなくてはなりません

具体的な仕事としては、市場のリサーチや商品コンセプトの考案から始まり、コスト面や製造方法も考え、様々な分野の人と話し合いながら、納得のいく商品が完成するまで試作と試食を繰り返します。

商品が完成した後も、販売促進のため新商品を取り入れたメニューを考えたり、商品カタログに載せる料理を製作したり、試食会の補佐などの仕事があります。 会社によっては、新製品のパッケージやキャッチコピー作りにも管理栄養士が参加することががあるようです。 また、新商品を使ったレシピの提案、新たな利用方法などを伝えるため営業に同行する場合もあります。

このように、食品メーカーで商品開発を担当する管理栄養士の仕事は幅広く、 食品に対する幅広い知識はもちろんのこと、市場調査の能力、企画力、 コスト感覚、コミュニケーション力など様々な能力が求められる職場といえるでしょう。

「売れる商品」を任されることは、大変な苦労もあると思いますが、それだけにやりがいのある仕事と いえます。店頭に自分が関わった商品が並んだときには、喜びもひとしおなのではないでしょうか。

このページのトップへ