資格取得の方法

管理栄養士の資格を取得する方法は、大きく分けて2つあります。
1つは、4年制の管理栄養士養成過程を卒業し、管理栄養士の国家試験に合格する方法、 もう1つは、栄養士養成過程を卒業し、栄養士の資格を取得したあと、 学んだ年数に応じた実務年数を経て、国家試験に合格する方法です。

現在、管理栄養士養成過程として認可されている養成施設を卒業することが、 管理栄養士への一番の近道です。
養成過程を卒業すると、栄養士免許を取得することができるとともに、管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができます。この場合、実務経験は必要ありません。
4年制大学または4年制専門学校に管理栄養士養成過程があります。

2つ目の栄養士の資格を取得したあと、実務経験を積んで、 国家試験の受験資格を得る方法は、栄養士のキャリアアップの方法 といってもいいでしょう。

栄養士養成課程で学んだ年数に応じて、必要な実務年数が定められています。
4年→栄養士免許取得→実務1年→国家試験→管理栄養士
3年→栄養士免許取得→実務2年→国家試験→管理栄養士
2年→栄養士免許取得→実務3年→国家試験→管理栄養士
ということになります。

実務経験とは、厚生労働省令で定められた施設で、栄養指導に従事することとされていますが、 一般に、病院や介護施設、学校・会社の給食施設など、栄養士が働く職場は、 ほとんど実務経験として認められると考えられているようです。

管理栄養士の資格は、通信教育などにも載っているため、勘違いされやすいのですが、 栄養士の資格を持っている人が受験できる国家資格であって、 資格を持っていない人は、まず、栄養士の資格を取る必要があります。

栄養士の資格は勉強する内容が多い、実習があるなどの理由から、 夜間の学校や通信教育では取得することはできません。 社会人が、管理栄養士の資格を取りたいと考えた場合、 仕事を辞め、昼間、養成過程に通うより方法はないようです。

このページのトップへ