転職や派遣について

管理栄養士は、女性のライフスタイルにあった働き方ができる資格といわれ人気がありますが、 転職や派遣に関してはどのような現状なのでしょうか。

一般的に、管理栄養士の資格を取得したら、まずは調理の現場を覚える職場で働いたほうが いいといわれます。将来、栄養相談や栄養管理をするためには、やはり調理現場の実態を 知っているほうがいいという理由からです。

もちろん、いきなり栄養相談や栄養管理ができる職場に就職できることもありますが、 通常は、資格取得後、委託給食会社や企業直営の給食施設の管理栄養士として働き、 経験を積んだ後に目指す方向へ転職する方が多いようです。

管理栄養士の転職は、一般の転職と同じく、情報誌やハローワーク、 転職情報会社を利用するケースも少なくありません。
介護関係の転職情報会社でも、管理栄養士の転職を扱っていますし、 管理栄養士の栄養相談に、診療報酬が発生するようになってから、 医療系の転職情報会社でも、管理栄養士の転職を斡旋するようになり、 管理栄養士の転職は、利用できる情報が増えているといえるでしょう。

また、管理栄養士は、派遣社員として働くこともできます。 派遣社員としての管理栄養士の時給は1500〜2000円くらいで、 派遣先でする仕事は、メニュー作成、発注、検品、 食数管理、伝票管理などが多いようです。

栄養指導を行う派遣社員の仕事はあまりありませんが、 通常の派遣だけでなく、紹介予定派遣もあるので、上手に利用するといいですね。

このページのトップへ