メリットとデメリット

管理栄養士の資格を持っていると、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

管理栄養士は、高度な専門知識を必要とする栄養指導が行えるため、 病院の場合、診療報酬が発生します。 このため、資格手当が付いたり、昇給が早かったりするメリットがあります。 介護施設でも食事の提供費用の増額ができるため、同じことが言えるでしょう。

また、管理栄養士の資格を持っていると栄養士の求人にも応募できるため、 応募できる求人が増えるということもメリットといえるでしょう。

さらに、管理栄養士は、病院、介護保険施設、学校の寮など、さまざまな分野の職場があると同時に、 国家資格であるため、全国どこでも資格が通用することもあり、女性にとっては妊娠、出産、育児などの ライフスタイルに合わせた仕事が選びやすいことも大きなリットです。

管理栄養士の資格を持っていて、デメリットになることはありませんが、 職場特有のデメリットというものはあります。

管理栄養士が一人しかいない職場では、栄養指導、献立作成などの責任が大きくなり、 仕事の量も増えるため、休みが取りにくくなってしまったり、 間に合わない仕事を、家に持ち帰ってするようになったりしてしまうこともあるようです。

反対に、管理栄養士ばかりの職場では、資格があっても、 調理場の仕事をしなければならなくなってしまうケースも見られます。 資格を生かした仕事をするためには、職場選びも大切です。

このページのトップへ