勤務時間は?

管理栄養士の仕事は、さまざまな職場がありますが、 勤務時間はシフト制の場合が多いようです。 これは、現在、管理栄養士の働く職場が病院や介護保険施設であることが多いためです。

病院や介護保険施設では、朝食、昼食、夕食の管理を行い、さらに献立作成、食材管理なども行うため、仕事がまったくない日が存在しないのです。
そのため、数人で早番と遅番に分けて仕事をしたり、休みも交替で取ったりする必要があるので、 シフト制を採用している職場が多いのです。 一般的には、朝6時から夜は8〜9時頃の間で、早番と遅番の2交替のようです

また、1日の勤務時間が交代制ではない職場には、 学校関係や保健所、食品メーカーや研究施設などがあります。 しかし、多くの職場で管理栄養士の人数が少ないため、仕事の量がどうしても増えてしまい、 決められた勤務時間以外の残業や持ち帰り仕事もあるようです。

最近では、特定保健指導をする場合、短時間勤務ができる職場があったり、 メールでの相談やアドバイスだけを行うため、在宅勤務ができる職場も出てきているようです。 このような職場は、管理栄養士の一般的な職場に比べ特殊な勤務時間、勤務体系ですが、 今後も特定保健指導が続いていくようであれば、増えてくるかもしれません。

このページのトップへ