どんな資格なの?

「管理栄養士」とは、厚生労働大臣からの免許を受ける国家資格の一つです

管理栄養士は個人個人の体の状態や栄養状態を判断して、専門的な知識を必要とする 栄養指導を行ったり、怪我人の療養の1つとしての栄養指導を行ったり、 給食を提供する施設において、利用者の栄養状態や身体の状態を考えた栄養指導や 施設における給食の管理を行ったりすることができる資格です。

名称独占資格といい、試験に合格し、免許を受けている人しか、 「管理栄養士」を名乗ることはできません。

同じ栄養指導ができる資格に「栄養士」がありますが、 栄養士は、都道府県知事の免許を受け、栄養指導を行います。
管理栄養士と栄養士は、免許の違い以外にも、栄養指導をする対象や働ける職場などが異なります

栄養士の仕事は献立の作成、調理、盛り付け、配膳など、現場の仕事も行ったり、 健康な人や特定の個人の状態を見て栄養指導をする場合もあります。

一般的に、栄養士は調理師と同じように、調理場に入ってする仕事が多く、病院などでは、糖尿病や胃の障害など、食事に気をつけなければならない人の食事を作るのが栄養士、内臓的な問題はない病気やケガ(例えば骨折など)の方の食事は調理師と分けている病院もあるようです。

管理栄養士は、専門的な知識を必要とする栄養指導が仕事ですが、 一般的には、献立の作成や食材の管理、栄養指導などの事務作業を行うことが多く、 病院での管理栄養士が行う栄養指導は、診療報酬も発生します。

管理栄養士は、怪我や病気の人の食事に対して、 より専門的な知識を持って対応できる専門職といえるでしょう。

介護施設や保育施設が増えたり、メタボリックシンドロームが注目されたりと、 食事に関する関心や栄養管理の必要性が高まっているため、 管理栄養士は、注目されている資格の一つです。

このページのトップへ