管理栄養士になるには

管理栄養士は国家資格です。
管理栄養士国家試験を受験するには以下の2つの方法があります。

1. 管理栄養士養成施設(大学・4年生専門学校)を卒業して受験。

2. 栄養士免許取得後、国の指定施設で一定期間(学歴により 異なる)
実務経験を積んで受験。

※栄養士になるには?

栄養士養成施設または管理栄養士養成施設
(4年制大学、3年制短大・専門学校、2年制短大・専門学校)
を卒業しなければなりません。

現在、あなたの年齢や社会的な立場によって目指す方法は異なってきます。

<現在高校生、高校既卒生なら>
全ての大学に管理栄養士を養成する専門学科が設けられているわけでは
ありません。一般的には女子大に多い学科で、その女子大内では
比較的偏差値が高めの学科であることが多く、社会的な人気が伺えます。
(すべての女子大に設置されているというわけではありません)

受験を検討する場合、どの大学に専門学科があるのかを調べ、資料を
取り寄せて確認することが必要です。

学習内容、カリキュラム、学費、奨学金制度、国家試験合格率、就職先
等を把握して、受験先を絞り込んで下さい。

オープンキャンパスに参加すれば先輩の話も聞けますし、学内の雰囲気を肌で感じられるのでおすすめです

多数ある大学の資料を1校ずつ別々に請求するのはかなりの手間ですので、
まとめて一度に請求できる便利なサイトをご紹介します。

 複数大学のパンフレットを無料で一括請求できる便利なサイト


<栄養士の資格をお持ちなら>

栄養士の資格取得済みで、指定期間の実務経験が無事終了すれば
受験が可能です。ただ、試験の難易度が高く、学校を卒業してから年数が
経過していることもあり、そのまま受験するのは厳しい状況といえそうです。

1回での合格を目指したい、今回は絶対合格したいという方にとって、
受験準備は必須となるでしょう。

そのためには受験の為に作られたカリキュラムで短期間に学べる
通信講座の利用がおすすめです。

一度学んだ内容を限られた時間で見直すのですから、効率よく学べるか
どうかが重要なポイント

資料請求でDVDやテキスト、サービス内容等を確認して納得した講座を
選ぶことが重要になります。

せっかくここまで頑張った経験を活かす為にも、是非万全の準備で
受験に臨みたいものです。

 管理栄養士 通信講座をチェックする


<ゼロからスタートする場合>

既に管理栄養士、栄養士とは関係ない高校や大学、専門学校等を卒業して、これから資格取得を目指したい方の場合、栄養士養成施設か管理栄養士養成施設へ入学することが必要です。

栄養士も管理栄養士も、通信教育では受験資格を得ることはできませんので、
注意してください。

管理栄養士の資格を取得するのは時間と努力が必要となりますが、
職場も多くニーズも高い、それだけの甲斐がある人気の資格。

できるだけ早い時期に行動を起こすことが、合格には有利となるでしょう。
興味がある方、既に受験を決めている方に当サイトを参考にしていただければ
と思います。

 

更新情報
このページのトップへ